プチリフォームで叶う、ちょっぴり便利でよりよい暮らし

>

マンションでのリフォームは無理?

マンションリフォームができる場所

まずは、マンションの基礎知識から確認しましょう!

マンションは、居住者が購入した住戸部分である「専有部分」と、それ以外の居住者全員の財産である「共用部分」とに分かれています。

基本的には、この「専有部分」がリフォーム可能な場所となります。
よって、部屋の扉や壁紙を変更したり、キッチンの設備を増やしたりすることが可能です。

ここで注意が必要なのは、玄関扉や窓ガラスは「共用部分」であるということです!
自分の部屋の一部のように感じてしまいますが、これらは共用部分に分類されるため変更することができません。
そのほか、インターホンやバルコニーなども専有部分に含まれます。

また、壁などを工事する際にも注意が必要です。
壁や床には、専有部分と共用部分との境目が存在しています。
共用部分に含まれる部分に穴を開けるなどの工事はすることができません。

マンションリフォームができない場所

リフォームできない場所は先ほどと反対の「共用部分」です。

先ほど記載した玄関扉や窓ガラスは勿論、駐車場やごみ置き場、エレベーターなどは共用部分のため、個人で勝手にリフォームすることはできません。
エレベーターやインターホン、駐車場、オートロックなどのセキュリティが故障したり、古くなって不具合が生じたりした場合には個人でリフォームを依頼せずに、管理会社へ連絡しましょう。

そのほかにも、配管やマンションの構造によって、専有部分であってもリフォームに制限がある場合があります。

また、これまでにご紹介したもの以外にも、たとえば1階居住者に与えられた専用の庭なども共用部分に含まれます。

リフォームをする際には、事前にしっかりとマンションの管理規約に目を通し、どこまでが専有部分で、どこからが共用部分なのかを認識しましょう。
不明点がある場合は、そのままにせず、必ずマンションの管理組合に確認してくださいね。